リサイクル製品の環境負荷削減効果の評価

 リサイクル製品は、製品への廃棄物の配合率に重点が置かれ開発が行われています。廃棄物のリサイクルによる最終処分場の延命も重要ですが、温室効果ガスの排出量削減や、大気汚染物質の排出削減等の環境負荷を削減することも非常に重要なことです。本研究室では、都道府県が認定するリサイクル認定製品を対象に環境負荷削減効果の評価を行っています。
 これまでに、リサイクル製品の製造事業者や行政担当者等が、リサイクル製品の製造・利用に伴う環境負荷の低減効果を評価することを目的としてリサイクル製品環境負荷簡易評価ツール(EATRP)の開発を行いました。
 リサイクル製品環境負荷簡易評価ツール(EATRP)はリサイクル製品認定制度情報サイトに掲載してあります。

リサイクル製品認定制度情報サイトへ(外部にリンクします。)

自社のリサイクル製品の環境負荷削減効果の評価をして欲しいなどの連絡は以下のメールアドレスにご連絡ください。

tsaeki(p)pu-toyama.ac.jp (p)を@に置き換えてください。