環境工学専攻の教育理念
 
 環境問題は、対象となる物質の多様化、規模の拡大、多くの事象間の相互関係の複雑化などが進んでいることから、対策には俯瞰的な視野と高度な技術が必要とされ、また国際的な対応も求められています。
 本専攻では、創造力と実践力に基づいて、このような複雑かつ多様な環境問題に対して解決策や循環型社会の構築のための技術や政策を提案できる人材の養成を教育の理念としています。
 具体的には、環境問題には、各種物質による環境汚染、エネルギー資源、廃棄物処理、生物多様性の保全、および自然環境と人間生活との調和など多くの側面があり、これらに対処する社会の仕組みとも密接に関連します。このため、本専攻では、これらの問題に対処できる高度な環境技術の開発能力、環境ビジネスや行政におけるマネジメント能力を身につけるための教育・研究を展開します。
 
 
環境工学専攻の学習・教育目標
 
1.持続可能な循環型社会づくりに主体的に取り組む人材の育成。
2.環境分野における専門技術のみならず、法律、政策立案、技術等の専門性を身につけ、両方の専門性を生かして環境・社会との関係を理解し、環境保全のために専門性を発揮する力を有する人材の育成。
3.環境マネジメントの手法を取り入れた環境保全の方策を立案・展開できる人材の育成。
4.経済社会活動に環境保全を統合する企画構想力を有する人材の育成。
5.国際的な技術交流や国際ビジネスに対応できる人材の育成。