環境水質実験1
Analyses of water quality 1
 
富山県立大学 工学部 環境・社会基盤工学科
1年後期 必修1単位 担当:川上智規,渡辺幸一,奥川光治,脇坂暢
 
更新年月日 2017年9月28日
 
 
 
 
【関連する学習・教育目標】
環境・社会基盤工学科:B-1,B-2,C-1、C-2
 
【授業の目標】
産業の急速な発展と社会生活の向上に伴って、水資源の高度利用、用排水の処理、水質汚濁防止などが重要課題としてとりあげられて久しい。この課題をを解決するために必要な、水質およびその分析法について十分な理解をもつことを目標とする。
 
【学生の到達目標】
河川、湖沼水、下水等の水試料を対象に、一人一人単独で定量分析を行い、環境水質実験の最も基本というべき容量分析の習熟に努める。
 
【授業計画】
@ガイダンス
A塩化物イオンの定量 (硝酸銀滴定法)
B塩化物イオンの定量 (硝酸銀滴定法)
Cアルカリ度の定量・中和滴定
Dアルカリ度の定量・中和滴定
E化学的酸素要求量の定量
F化学的酸素要求量の定量
G溶存酸素の定量 
H溶存酸素の定量
I硬度、カルシウムイオンおよびマグネシウムイオンの定量
J硬度、カルシウムイオンおよびマグネシウムイオンの定量
KpHの測定(ガラス電極法と比色法)
LpHの測定 (ガラス電極法と比色法)
M電気伝導率
Nまとめ
 
【キーワード】
容量分析法 
 
【成績評価法】
レポートにより評価する。
 
【成績評価基準】
レポートにより評価する。
 
【教科書・教材参考書等】
独自テキストとデータシートを用いる。データ解析ではパソコンを使用する。
データシートは講義支援システム(エスプリ)から各自印刷して持参すること。
 
 
「富山の水環境」(富山県立大学・環境システム工学科編,2006)
「新 富山の水環境」(富山県立大学・環境工学科編,2009)
 
   ・・・図書館に入っています・・・
 
 
【関連科目・履修条件等】
環境水質学1
 
【履修上の注意事項や学習上の助言】
器具の使用方法や廃液の処理方法などの基本的事項を確実に修得すること。
レポートは実験終了後1週間以内に提出すること。
 
【学生からの質問への対応方法】
実習中も時間外も随時受け付ける。