<学位論文>

知識情報処理とリスク算定の適用による地下水汚染浄化の合理化に関する研究,岐阜大学,2005,9

 

<査読付論文集>

1.      畠俊郎,佐藤厚子:泥炭を対象とした地盤改良における酵素法の適用性評価,材料,掲載決定

2.      Yoshihisa Miyata and Toshiro Hata : Reliability-based remediation control for contaminated groundwater, The 15th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering,掲載決定

3.      Kaneda kazuhiro,Tanikawa tomohiro,Koumura yuichi & Hata toshiro :Mechanical property of cement-treated soil improvement using urea, The 15th Asian Regional Conference on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering,掲載決定

4.      Atsuko Sato, Satoru Kawasaki, Toshiro Hata and Takahiro Yamanashi:Estimating urease activity in microorganisms of peat baesed on electic conductivity,PROCEEDINGS OF FIFTH INTERNATIONAL CONFERENCE – GEOMATE 2015掲載決定

5.      Toshiro Hata; Kazuhiro Kaneda; and Tomohiro Tanikawa :New microbial function based reinforcement method for slopes,PROCEEDINGS OF FIFTH INTERNATIONAL CONFERENCE – GEOMATE 2015掲載決定

6.      畠俊郎,入江光輝:チュニジア国Joumine貯水池底泥を対象としたイシュケウル湖の湖底環境復元技術の適用性評価,土木学会論文集G(環境),Vol.71,No.4,pp.125-133,2015

7.      古谷元,畠俊郎,渡辺直喜,後藤聡,土井一生,川崎一朗:20141122日の長野県北部を震源とする地震で発生した斜面災害の概要,日本地すべり学会誌,Vol.52,No.1,pp.40-44,2015

8.      手計太一,南優平,畠俊郎:蛍光X線分析を利用した河川土砂礫のマクロ的な分布特性に関する基礎的検討,河川技術論文集,第21巻,2015

9.      畠俊郎,手計千恵美:深海域を対象とした微生物触媒法による炭酸塩析出促進技術に関する実験的検討,土木学会論文集G(環境)Vol.70,No.3,pp.59-67,2014

10.   畠俊郎,横山珠美,阿部廣史:尿素加水分解速度に基づく微生物固化技術の沿岸域への適用性評価,地盤工学ジャーナル,Vol.8,No.4,pp.505-515,2013

11.   Ryosuke KUBO,Satoru KAWASAKI,Kouichi SUZUKI,Shinji YAMAGUCHI and Toshiro HATA :Geological Exploration of Beachrock through Geophysical Surveyin on Yagaji Island, Okinawa, Japan,Materials Transactions, Materials Transactions, Vol.55 No.02, pp.342-350 ,2014

12.   Toshiro HATA,Hajime Chiba and Kenichi SOGA :Feasibility of the new in-situ soil improvement technology using deep-sea microorganisms,7th International Joint Symposium on Problematic Soils and Environment in Asia(JS-Okinawa 2013),pp.141-144,2013.

13.   Yoshihisa MIYATA and Toshiro HATA ICT-Based Remediation Method for Contaminated Groundwater,First Initernation Conference on Civil and Building Engineering Informatic(ICCBEI2013).pp.217-224,2013

14.   鈴木浩一,川崎了,久保良介,山口伸治,畠俊郎:電気探査・表面波探査によるビーチロックの地下構造―沖縄県名護市屋我地島沿岸地点での適用例―,物理探査,第66巻,第4号,pp.277-285,2013

15.   Toshiro HATA,Jean-Pierre GOURC : Development of New CO2 storage Method for Subsurface Soils based on Microbical Functions,Urban Geotechnics for Sustainable Development(JS-Seoul 2012),pp.49-52,2012

16.   Yoshihisa Miyata and Toshiro Hata: ICT-Based remediation with knowledge information management for contaminated groundwater, Geotechnical and Geological Engineering, Online ISSN 1573-1529, 2012.

17.   畠俊郎佐藤厚子川崎了阿部廣史:高有機質土(泥炭)由来の土壌微生物による炭酸カルシウム析出技術に関する実験的研究,土木学会論文集C(地圏工学)Vol.68,No.1,pp.31-40,2012

18.   畠俊郎島田未来戸井田仁一使用済植物油のバイオディーゼル燃料化における微生物機能の活用に関する検討,土木学会論文集G(環境),Vol.67,No.4,pp.250-258,2011

19.   Yoshihisa MIYATA and Toshiro HATA: ICT-based remediation concept for contaminated groudwater, Proc. of International Symposium on Advances in Ground Technology and Geo-information(IS-AGTG),2011

20.   畠俊郎,立野菜緒,阿部廣史:ウレアーゼ活性を有する微生物による沿岸域を対象とした微生物固化の適用性評価,地盤工学ジャーナル, Vol. 6, No. 2, pp.305-315 ,2011

21.   Y.Inagaki,M.Tsukamoto,H.Mori,T.Sasaki,K.Soga A.Al.Qabany and T.Hata:The influence of injection conditions and soil types on soil improvement by microbial functions,GEO-FRONTIERS Advances in Geotechnical Engineering Geotechnical Special Publication No.211,pp.4021-4030,2011

22.   T.Hata,M.Tsukamoto,Y.Inagaki,H.Mori,R.Kuwano and J.P.Gourc:Evaluation of multiple soil improvement techniques based on microbial functions, GEO-FRONTIERS 2011 Advances in Geotechnical Engineering Geotechnical Special Publication No.211,pp.3945-3955,2011.

23.   Yoshihisa MIYATA and Toshiro HATA:Fuzzy inference Model for Pumping-rate Control for Contaminated Groundwater,Proc. of 9th world congress on Computational Mechanics (CD-ROM),Sydney Australia, 2010.

24.   Toshiro HATA,Yoshihisa MIYATA and Yusuke HONJO:Pumping Rate Control for Contaminated Groundwater with VOCs by Using Fuzzy Inference Model,Georisk:Assessment and Management of Risk for Engineered Systems and Geohazards,Vol.4,No.2,pp.63-76,2010

25.   畠俊郎,桑野玲子,阿部廣史:微生物機能の制御による地盤の透水性の低下・復元手法に関する実験的検討,土木学会論文集GVol.65,NO.3,pp.202-211,2009

26.   Toshiro HATA and Yoshihisa MIYATA:Risk based-decision support system for the rational pumping process in contaminated groundwater remediation, 2nd International Symposium on Geotechnical Safety and RISK(IS-GIFU 2009)pp.217-220,2009.

27.   畠俊郎桑野玲子阿部廣史微生物機能を用いた原位置透水性制御手法に関する基礎的研究土木学会論文集G Vol.64,No.2  pp.168-176,2008

28.   Toshiro HATA,Reiko KUWANO,Yoshiaki KIKUCHI:Characterization of the Micro Organisms Mobility in In-Situ Bioremediation, Advances in X-ray Tomography for Geomaterials (GeoX2006),pp.333-339,2006

29.   菊池喜昭,水谷崇亮,永留健,畠俊郎:マイクロフォーカスX CT スキャナの地盤工学への適用性の検討,港湾空港技術研究所資料 No.11252006.

30.   Toshiro HATA,Futoshi KURISU,Osami YAGI,Hirotoshi MORI,Reiko KUWANO,Hidetoshi KOHASHI: Development of an in-situ biodegradation technology by using anaerobic microorganisms for sediment contaminated with Dioxins, Journal of ASTM International(JAI) Vol.3 , No.6, Paper ID JAI13322,2006

31.   畠俊郎,宮田喜壽:汚染地下水浄化における最適揚水量決定プロセスを対象とした意志決定支援システムの開発,電気学会論文誌D 産業応用部門誌,IEEJ Trasns.IA.Vol.25,No.2,pp.192-198,2005

32.   畠俊郎,栗栖太,桑野玲子,矢木修身:ダイオキシン類汚染土壌の嫌気性微生物を利用した分解処理技術の開発,土と基礎,52-10,pp15-17,2004

33.   畠俊郎宮田喜壽木暮敬二揮発性有機化合物で汚染した地下水を修復するための地下水揚水法の制御方法土木学会論文集No.769/VII-32,19-26,2004.8

34.   畠俊郎,宮田喜壽,本城勇介:点過程モデルを用いた地下水質監視井戸の配置計画,土木学会論文集G Vol.62, No.1  pp.1-8,2006

35.   Toshiro HATA, Yoshihisa MIYATA and Keiji KOGURE: Fuzzy Inference Model for Remediation of Contaminated Groundwater, Proc. of 4th International Congress on Environmental Geotechnics, Rio de Janeiro, Volume 2, pp.767-772, 2002

36.   宮田喜壽, 木暮敬二, 華嶽一郎, 近藤敏仁, 岡田正明, 畠俊郎:汚染地盤のバイオレメディエーションにおけるジオシンセティックスの適用, ジオシンセティックス論文集, Vol.14, pp.284-291, 1999.

 

<国際会議・国内シンポジウム論文集>

1.    山本健太,梅本雪華,畠俊郎:微生物固化による地盤固化技術の有効性についての検討,第7回メタンハイドレート総合シンポジウムCSMH-7,投稿中

2.    梅本雪華,山本健太,畠俊郎:太平洋および日本海における深海微生物を用いた地盤固化技術の適用背に関する検討,深海底資源開発研究セミナー2015pp.35-36,2015.

3.    畠俊郎,手計千恵美:噴砂対策としての微生物固化技術の適用性評価,第6回メタンハイドレート総合シンポジウムCSMH-6,pp.89-87,2014.

4.    畠俊郎,佐藤厚子:泥炭を対象とした地盤改良技術における酵素触媒法の適用性評価,第11回地盤改良シンポジウム論文集,pp.439-442,2014.

5.    壇上尭,川崎了,畠俊郎:ビーチロックの物理・力学特性,第41回岩盤力学に関するシンポジウム講演集,公益社団法人土木学会,pp.89-94,2012.

6.    S.ARAI,T.YOKOYAMA and T. HATA: Evaluation of an In-situ permeability control method based on microbial functions, applicable to coastal region, The 9th international symposium on Southeast Asian Water Environment, Platform Presentation Proceedings, pp.99-102,2011.

7.    T.YOKOYAMA,S.ARAI, K.ASANO and T.HATA: Development of the In situ permeability control (Reduction / Restoration) method based on the microbial functions, The 9th International symposium on Southeast Asian Water Environment, Platform Presentation Proceedings, pp.94-98,2011.

8.    細尾誠,畠俊郎,桑野玲子:地盤の透水性制御における微生物機能の活用に関する実験的検討,第8回環境地盤工学シンポジウム発表論文集,pp. 27- 30, 2009.

9.    畠俊郎:産官学連携・融合によるBDFネットワーク形成に向けた試み,第6回全国高専テクノフォーラム

10.  Y.Yamamoto,K.Kigata,T.Hata:Development of the in-situ diffusion control method in the agricultural field based on the microbial function. The fourth International Symposium on Southeast Asian Water Environment, poster presentation proceedings,pp.77-80,2006.

11.  畠俊郎,宮田喜壽:予見制御方式による汚染地下水の効率修復に関する検討,第5回環境地盤工学シンポジウム発表論文集,pp,129 -132,2003

12.  畠俊郎,宮田喜壽:揚水量の最適化によるTCE汚染地下水浄化の効率化に関する検討,第4回環境地盤工学シンポジウム発表論文集,pp.201-2042001.

13.  畠俊郎,宮田喜壽:ファジイ推論をベースとした地下水揚水法向けエキスパートシステムの研究開発,第7回システム最適化に関するシンポジウム講演論文集,pp.53-562001.

 

<翻訳・出版>

1.    建設工事で遭遇するダイオキシン類汚染対策マニュアル(暫定版),平成17 6月,土木研究所資料 第3975(ISSN 0386-5878)

2.    RBCA E2081-00 Standard Guide for Risk-Based Corrective Action「リスクに基づく修復措置のための企画ガイド」,200310月 株式会社インターリスク総研発行 共訳

 

<総括・総論・その他学会誌記事>

1.      畠俊郎:微生物固化処理土(技術手帳),地盤工学会誌,Vol.62,No.6,pp.35-36,2014

2.      畠俊郎,佐藤厚子,川ア了,阿部廣史:地盤工学と生物・化学工学の融合による次世代の地盤改良技術:高有機質土を対象とした新たな展開,地盤工学会誌,Vol.62,No.1,pp.32-33,2014.

 

<講演会概要集>

 

地盤工学会研究発表会

1.       畠俊郎,谷川友浩,甲村雄一,金田一広:セメント系地盤改良における尿素および微生物の併用効果に関する検討,第50回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号323,2015

2.       谷川友浩,金田一広,甲村雄一,畠俊郎:尿素を用いたセメント系地盤改良の施工実験,第50回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号324,2015

3.       三原一輝,畠俊郎:セメント改良土の微生物併用による劣化抑制に関する室内実験,第50回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号,325,2015.

4.       小林昴平,宮田喜壽,平川大貴,畠俊郎HDPEジオグリッドの引張変形に伴う微細構造変化,第50回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号831,2015.

5.       伊藤留寿都,高松友見,畠俊郎:富山湾周辺海域由来の微生物を用いた地盤改良技術に関する研究,第50回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号1144,2015.

6.       畠俊郎,畠山正則,阿部廣史:微生物固化処理土を対象とした液状化強度改善効果に関する検討,第49回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号818,2014.

7.       畠俊郎,中條邦英,畠山正則,阿部廣史:微生物による酸性土壌中和促進技術(その1)〜室内実験による能力評価〜,第48回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号1105,2013

8.       中條邦英,畠山正則,畠俊郎,阿部廣史:微生物機能による酸性土壌中和促進技術(その2)〜志賀高原での実証試験〜,第48回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号1104,2013

9.       宮田喜壽,畠俊郎ICTを活用した汚染地下水の修復技術,第48回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号1118,2013

10.   畠俊郎,中條邦英,畠山正則,阿部廣史,桑野玲子:微生物機能の活用による酸性土壌の中和処理に関する検討,第47回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号965,2012

11.   塚本将康,稲垣由紀子,森啓年,佐々木哲也,畠俊郎:微生物代謝により炭酸カルシウムを析出させた豊浦砂の透水性と力学特性,第46回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号284,2011

12.   稲垣由紀子,塚本将康,森啓年,佐々木哲也,畠俊郎,川崎了:微生物機能を用いた炭酸カルシウム法のスケールアップに関する基礎的実験,第46回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号1029,2011

13.   塚本将康,稲垣由紀子,森啓年,佐々木哲也,曽我健一,Ahmed Al Qabany,畠俊郎:土質が微生物代謝による地盤固化に与える影響についての実験,第45回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号984,2010

14.   稲垣由紀子,塚本将康,森啓年,佐々木哲也,曽我健一,Ahmed Al Qabany,畠俊郎:微生物代謝による地盤固化への栄養塩等注入条件に関する実験,第45回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号983,2010

15.   立野菜緒,水谷崇亮,森川嘉之,菊池喜昭,畠俊郎,江村剛:砂・粘土混合材料の透水特性に関する基礎的実験,第45回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号146,2010

16.   細尾誠,畠俊郎,桑野玲子:透水性低下に影響を与える微生物機能に関する検討,第44回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号 933,2009

17.   畠俊郎,阿部廣史・菊池喜昭:マイクロフォーカスXCT画像による土壌内水分保持状況の定量的評価,第43回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号1030,2008

18.   畠俊郎,阿部廣史・菊池喜昭:μフォーカスXCTによる不飽和土壌内における物質移行の可視化に関する検討,第42回地盤工学研究発表会,CD-ROM,論文番号1028,2007

19.   畠俊郎,桑野玲子・菊池喜昭:XCTを用いた地盤内における微生物挙動の可視化に関する検討,第41回地盤工学研究発表会講演集,CD-ROM,論文番号1162,2006

20.   畠俊郎,桑野玲子,大谷順,森啓年:XCTスキャンを用いた地盤へのナノ鉄スラリー充填特性に関する検討,第40回地盤工学研究発表会講演集,CD-ROM,論文番号1348,2005

21.   畠俊郎,森 啓年,小橋秀俊,桑野玲子:ダイオキシン類汚染土壌を対象とした土壌微生物DNA抽出条件に関する検討,第39回地盤工学研究発表会講演集,CD-ROM,論文番号 1132,2004.

22.   畠俊郎,宮田喜壽:物質移動解析を伴う汚染地下水の揚水制御,第38回地盤工学研究発表会講演集,CD-ROM,論文番号 11642003

23.   畠俊郎,宮田喜壽:ファジイ適応制御を用いた地下水揚水法における修復の効率化に関する研究,第37回地盤工学研究発表会講演集,CD-ROM,論文番号11782002

24.   畠俊郎,宮田喜壽:地下水揚水法におけるファジイ推論を用いた修復の効率化に関する研究,第36回地盤工学研究発表会講演集,pp.2613-26142001

25.   畠俊郎,宮田喜壽,木暮敬二:地下水揚水によるTCE汚染地盤の修復の効率化に関する研究,第35回地盤工学研究発表会講演集,pp.2571-25722000

 

土木学会年次講演会

 

26.   横山珠美,畠俊郎:ウレアーゼ産出能を持つ微生物によるビーチロック形成促進効果に関する検証,土木学会第67回年次学術講演会,V-064,2012,9

27.   横山珠美,浅野憲哉,畠俊郎:透水性の低下における微生物機能の活用に関する研究,土木学会第66回年次学術講演会,V-283,2011.9

28.   立野菜緒,畠俊郎,稲垣由紀子:微生物機能を用いた新しい原位置地盤改良技術に関する実験的研究,土木学会第65回年次学術講演会,VII-189,2010.9

29.   島田未来,戸井田仁一,畠俊郎:微生物機能によりBDF化された使用済植物油の組成に関する研究,土木学会第65回年次学術講演会,VII-170,2010.9

30.   立野菜緒,畠俊郎:微生物機能を用いたカルシウム系鉱物析出技術に関する基礎的研究,土木学会第64回年次学術講演会,VII-202,2009.9

31.   島田未来,戸井田仁一,畠俊郎:微生物機能を用いた植物油のバイオディーゼル燃料(BDF)化技術に関する研究,土木学会第64回年次学術講演会,VII-040,2009.9

32.   細尾誠,桑野玲子,畠俊郎:地盤の透水性と微生物の関係に関する実験的検討,土木学会第64回年次学術講演会,VII-203,2009.9

33.   細尾誠,畠俊郎:地盤における微生物機能を用いた任意の透水性制御法に関する検討,土木学会第63回年次学術講演会,VII-100,2008.9

34.   木賀田賢太,畠俊郎:カルシウム系鉱物析出に適した溶液の組成に関する基礎的研究,土木学会第63回年次学術講演会,VII-099,2008.9

35.   坂本朝子,畠俊郎:微生物由来のリパーゼを用いた植物油のBDF化技術に関する研究,土木学会第63回年次学術講演会,VII-067,2008.9

36.   畠俊郎,木賀田賢太:微生物機能を用いた地盤性状制御技術に関する検討(その2)〜連続透水試験による有効性検証〜,土木学会第62回年次学術講演会概要集,VII-018,2007.9

37.   木賀田賢太,畠俊郎:微生物機能を用いた地盤性状制御技術に関する検討(その1)〜バッチ試験による基本的能力評価〜,土木学会第62回年次学術講演会概要集,VII-017,2007.9

38.   畠俊郎,森 啓年,桑野玲子,小橋秀俊,栗栖 太:ダイオキシン類汚染土壌を対象としたENA処理技術に関する基礎的検討,土木学会第59回年次学術講演会概要集,論文番号III-3022004

39.   畠俊郎,宮田 喜壽:修復井戸相互の関連を考慮した地下水修復のファジイ制御,土木学会第57回年次学術講演会概要集,III-7712002

40.   畠俊郎,宮田 喜壽:新しい制御指標を導入した地下水修復のファジイ制御,土木学会第56回年次学術講演会概要集,III-B3272001

41.   畠俊郎,木暮 敬二,宮田 喜壽:トリクロロエチレン汚染地盤の修復に関する事例報告,土木学会第55回年次学術講演会概要集,VII-1602000

 

電気学会 電力・エネルギー部門大会

 

42.   畠俊郎,矢田正行,山田周治,水谷勲,山口健治:変電所冷却塔の付着物制御に関する研究,平成12年度 電気学会 電力・エネルギー部門大会論文集(分冊B,pp534-535,2000

43.   矢田正行,畠俊郎,山田周治,横溝賢三:変電所用密閉式冷却塔冷却水の水質改善に関する研究,平成12年度 電気学会 電力・エネルギー部門大会論文集(分冊B),pp536-5.7,2000

 

空気調和・衛生工学会学術講演会

 

44.   畠俊郎,水谷勲,矢田正行:木炭による密閉式冷却塔冷却水の水質浄化に関する検討(その3)水量削減効果およびスケール抑制効果についての検討,平成12年度 学術講演会 講演論文集,pp1525-1528

45.   畠俊郎,水谷勲,山田周治,矢田正行:木炭による密閉式冷却塔冷却水の水質浄化に関する検討(その1)水質改善能力の評価試験,平成11年度 学術講演会 講演論文集T,pp221-224

46.   矢田正行,山田周治,水谷勲,畠俊郎:木炭による密閉式冷却塔冷却水の水質浄化に関する検討(その2)実機運転時における水質改善能力評価試験,平成11年度 学術講演会 講演論文集,pp225-228

 

地下水・土壌汚染とその防止対策に関する研究集会

 

47.   畠俊郎,栗栖太,矢木修身,森啓年,桑野玲子,小橋秀俊:ダイオキシン類汚染土壌を対象とした微生物群集解析,第10回研究集会講演集,pp740-743,2004

48.   畠俊郎,深田園子,RBCA研究WGRBCAによるリスク評価について(その5)サイトデータに基づくケーススタディー,第10回研究集会講演集,pp450-453,2004

49.   岡田正明,近藤敏仁,畠俊郎,市川雪則,宮田喜壽:好アルカリ性微生物等による潤滑油汚染土壌浄化に関する基礎的研究,第10回研究集会講演集,pp682-685,2004

 

土木学会中部支部研究発表会

 

50.   寺西健太,畠俊郎:セメント固化処理土の劣化抑制技術に関する研究,平成26年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号V-41,2015

51.   井上雄太,畠俊郎:微生物固化処理土の力学特性に関する研究,平成26年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号V-42,2015

52.   伊藤留寿都,畠俊郎:微生物固化における固化溶液濃度が液状化強度へ与える影響について平成26年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号V-43,2015

53.   藤澤優香,畠俊郎:沿岸域を対象とした微生物機能による護岸構造物築造に関する研究,平成24年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号V-10,2013

54.   横山珠美,畠俊郎:沿岸域由来のウレアーゼ生産菌による海砂の強度増進効果に関する検討,平成24年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号V-11,2013

55.   大塚翔太,畠俊郎:志賀高原における微生物機能を用いた中和促進技術に関する研究,平成24年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号Z-1,2013

56.   米山航,畠俊郎:地すべり防止のための鉄バクテリア除去技術に関する実験的研究,平成24年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号Z-2,2013

57.   有坂綾美,畠俊郎:微生物機能を活用した新しいバイオディーゼル燃料生成技術に関する研究,平成24年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号Z-4,2013

58.   佐野翼,畠俊郎:麹化菌体を用いた高純度バイオディーゼル燃料生成技術に関する研究,平成24年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号Z-3,2013

59.   荒井啓祐,畠俊郎:微生物機能によるビーチロックの生成促進に関する研究,平成23年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号V-032,2012

60.   山崎寛史,畠俊郎:泥炭由来の土壌微生物を用いた新しい地盤改良技術の適用性に関する室内実験,平成23年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号V-033,2012

61.   中澤聡美,畠俊郎:微生物機能の活用による新しい表土保護・土地の緑化技術に関する研究,平成23年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号Y-003,2012

62.   小川みちる,畠俊郎:麹化菌体を用いた使用済み植物油のBDF化に関する研究,平成23年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号Z-001,2012

63.   赤津由伊子,立野菜緒,畠俊郎:沿岸環境における微生物固化の適用性に関する実験的研究,平成22年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号Z-13,2011

64.   横山珠美,浅野憲哉,畠俊郎:微生物の代謝活動を利用した透水性の低下・復元に関する研究,平成22年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号Z-25,2011

65.   野本侑里,畠俊郎,川崎了,佐藤厚子:泥炭由来の土壌微生物を用いた炭酸カルシウム析出に関する検討,CD-ROM,論文番号Z-26,2011

66.   竹内三就,島田未来,畠俊郎,戸井田仁一:微生物触媒法による使用済植物油のバイオディーゼル化技術の高度化に関する検討,CD-ROM,論文番号Z-33,2011

67.   土屋貴之,島田未来,畠俊郎,戸井田仁一:微生物触媒による使用済植物油のバイオディーゼル燃料(BDF)化に関する研究,平成21年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号VII-031,2010

68.   尾曽友理恵,立野菜緒,酒井美月,畠俊郎,稲垣由紀子:微生物機能を用いた新しい現位置地盤改良技術に関する実験的研究,平成21年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号VII-038,2010

69.   土屋慧,細尾誠,畠俊郎微生物機能を用いた土の強度増加に関する基礎的検討(その2 一軸圧縮試験について),平成20年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号III-002,2009

70.   細尾誠,土屋慧,畠俊郎:微生物機能を用いた土の強度増加に関する基礎的検討(その1 室内培養試験について),平成20年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号III-001,2009

71.   立野菜緒,畠俊郎,森啓年:ダイオキシン類汚染土壌の自然減衰促進条件下における微生物群集構造の変化について,平成20年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号VII-023,2009

72.   島田未来,戸井田仁一,畠俊郎:微生物機能を用いた植物油のバイオディーゼル燃料(BDF)化技術に関する研究,平成20年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号VII-003,2009

73.   平林竜一,畠俊郎:微生物機能によるカルシウム系鉱物析出に適した糖類およびカルシウム濃度に関する検討,平成20年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号VII-025,2009

74.   増井香織,畠俊郎:地盤の透水性制御と微生物種の関連性に関する基礎的検討,平成19年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号VII-036,2008

75.   北原亘,畠俊郎:連続透水試験による微生物機能を用いた地盤性状の制御に関する検討,平成19年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号VII-035,2008

76.   和田枝麗,畠俊郎:油類を含む環境水からのDNA抽出および微生物群集構造解析法に関する検討,平成19年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号VII-015,2008

77.   寺島和希,畠俊郎:微生物機能によるカルシウム系鉱物析出促進条件に関する検討,平成19年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号VII-014,2008

78.   木賀田賢太,畠俊郎:微生物機能を用いた地盤性状制御技術に関する検討,平成19年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号VII-001,2008

79.   依田ゆかり,畠俊郎:硝酸性窒素の分解に寄与する微生物群集構造の解析,平成18年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号VII-004,2007

80.   山本洋輔,荒井里佳子,畠俊郎:微生物機能を用いた地盤性状の制御法に関する基礎的検討,平成18年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号VII-003,2007

81.   坂本朝子,畠俊郎:カルシウム系鉱物析出促進に適した糖類の選択に関する検討,平成18年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号VII-002,2007

82.   細尾誠,畠俊郎:農地における微生物機能を用いた硝酸性窒素の分解,平成18年度土木学会中部支部研究発表会,CD-ROM,論文番号VII-001,2007

 

<保有特許>

1.      登録番号3967602       汚染土壌の無害化工程を含む保管方法 

2.      登録番号4025550       疎水性汚染物質による汚染の浄化方法

3.      登録番号4537562       汚染地下水の揚水制御方法及び汚染地下水浄化システム

 

<出願特許>

1.      特願2011-43675        バイオディーゼル燃料の製造方法

 

Topページに戻る