富山県立大学工学部 環境工学科
 
卒業したら

HOME
教育理念
教育の特色
講座紹介
カリキュラム
卒業したら
進路・資格
募集案内

富山県立大学


  卒業したら、このような技術者として仕事をします


水利用と水処理・再利用に関する技術を活かして水問題を解決します
私たちは、自然の循環の中にある河川の水や地下水を利用しますが、その結果、水は汚れてしまいます。また、使いすぎると不足します。自然の循環のバランスを壊さないように、水の量と質を保全する必要があります。

・汚水をきれいにするために、下水処理施設の機能解析、処理方法の向上の仕事をします。
 
・休耕田から地下に水を供給して、地下水が減少しないようにしています。



大気、水、土壌環境を調査・観測し、それらを保全・修復する技術を活かして環境の調査・保全を行い、汚染された環境の修復問題を解決します

・大気中の汚染物質をいろいろな機器を用いて測定します。
 
・河川などの水環境を調査するた
め、水を採取し、水質分析を行い
ます。



廃棄物を生み出さないような資源循環のための技術を活かして廃棄物に関する課題、資源循環の課題を解決します
私たち人間の活動により、毎日大量のゴミ(廃棄物)がでてきます。
たとえば、家が建て替えられたり、災害で壊れたりして大量の瓦が廃棄されます。そのような廃棄された瓦を材料として有効利用し、新たな製品をつくります。

・廃瓦を利用したコンクリートの力学的試験を行っています。



人間の活動が環境に及ぼす影響を評価する技術を活かして環境アセスメントを行い、循環型社会の実現をめざした環境政策の立案や企業経営の提案をします

・大きな開発が自然や生物に及ぼす影響を評価(環境アセスメントといいます)するとき、多くのデータをGIS※等を用い処理します。
 
法規制対応型から環境負荷低減型へ
・地球環境をまもるため企業の活動による環境影響を継続的に減らすための環境マネジメントシステムや環境経営の方法を提案します。



自然と人間活動の共生をめざした技術を活かして地域の環境計画立案やビオトープの設計をします
人間はこれまで洪水から身を守るためや水を利用するために人工物を用いて河川に
いろいろと手を加えてきましたが、自然からしっぺ返しをされ大きな災害となることもありました。河川も自然の一部でありそのような自然の特性を活かし、共生していく方法を考案します。

・自然生態系と共存できる河川作りを目指し魚道を考案し設計します。
 
・地域のビオトープ作りについて考えます。



アジアなど国際的な環境問題に対応するため、環境技術の移転や現地に適した環境技術を開発します
日本にも沢山輸入されているエビの養殖池は現地で土壌汚染、水質汚染などのさまざまな環境問題を引き起こしています。これらの問題の解決策を提案するのも環境工学技術者の仕事です。

・ベトナムのエビの養殖池



循環型社会の構築、自然との共生、地球環境の保全(省エネルギー、省資源、低炭素社会)に向けて貢献します



※GIS:geographic information system
地理情報システムは多様な地理情報を統一的にコンピュータで簡単に処理、解析出来るようにしたシステムです。

 
このサイトについてお問い合わせサイトマップENGLISH
Copyright (C) 2009 Toyama Prefectural University. All rights reserved.