2011年度 環境工学科ニュース

1月23日: 【スリランカからの招へい研究者について】
日本学術振興会より平成24年度外国人招へい研究者(長期)について採択通知がありました。
課題名:スリランカ北部中央州における慢性腎不全と飲料水ならびに土壌中の重金属との関係
招へい研究者:スリランカ ペラデニヤ大学 Sudharma准教授
本年9月から6カ月間本学において、上記課題について共同で研究を行います。
(川上智規教授)
1月23日: 【ペラデニヤ大学におけるシンポジウムの共催について】
3月22-23日にペラデニヤ大学においてInternational Symposium on Water Qualityand Human Healthを開催します。
12月20日: タイの洪水被害に関する国土交通省・土木学会合同調査団のメンバーとして、本学の手計太一講師が派遣されます。
10月19日: 川上智規教授の研究活動が報道されました。
(北日本新聞28面)
9月30日: クリタ水・環境科学振興財団の海外研究助成が採択されました。
「Impact of Gold Mining on Mercury and Cyanide Water Pollution in Poboya Area」Isrun講師(インドネシアTADULAKO大学)、[川上智規教授]
9月12日: 環境工学科の学生が、陸前高田市の瓦礫撤去などのボランティア活動に従事しています。
8月19日: 平成23年度上期、田村科学技術振興財団の研究開発助成に下記課題が採択されました。
スリランカにおける慢性腎臓病の原因調査(代表:川上智規教授)
7月 1日: 2年生が富山県環境科学センターの見学に行きました。
写真@写真A
6月17日: 2年生が独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構の北陸新幹線第二建設局 北陸新幹線建設現場(新呉羽山トンネル及び神通川橋りょう 建設工事現場)の見学に行きました。
写真@写真A
6月11日: 環境工学科1年生がプロジェクトアドヴェンチャーに参加しました。
写真@写真A写真B
6月 1日: 環境教育の一環で、1年生がダ・ヴィンチ農園で向日葵を植えました。
5月20日: 学生球技大会「フットサル」の部で、環境工学科3年生のチームが優勝しました。
5月 7日: 学部2年生主催の新入生歓迎会を開催しました。
写真@写真A写真B
4月13日: 専攻科2年生の平田大道君が第38回関東支部技術研究発表会優秀発表者に選ばれました。
4月 7日: 新入生に教員紹介をしました。
4月 6日: 入学式が開催されました。
4月 1日: 河川整備基金助成事業に下記の一件が採択されました。
「物理探査法を利用した河床構造調査法の確立と洪水時土砂移動量の観測」(代表:手計太一講師)