日本農芸化学会2018年度大会、名城大学、2018.3.15-18

チューリップにおけるチューリッポシドB変換酵素の分子多様性:葉由来アイソザイムの同定
○野村 泰治、口田 亮、酒本 千穂、北岡 直樹、加藤 康夫
(富山県大・生工研セ)

チューリッポシド変換酵素の基質特異性の検討:基質アルコール部位の影響
○二永 貴、野村 泰治、北岡 直樹、加藤 康夫
(富山県大・生工研セ)

チューリッポシド/チューリッパリン類の抗細菌活性の再評価
○加藤 康夫、中川 恵蔵、近堂 菜月、北岡直樹、野村 泰治
(富山県大・生工研セ)

Comparative study of nitrification-promoting factors in designed microbial consortia
○Richard Metzner1、北岡 直樹1、野村 泰治1、宮本 憲二2、篠原 信3、安藤 晃規4
小川 順4、加藤 康夫1
1富山県立大・工、2慶大・理工、3農研機構、4京大院農・応用生命)

エレメンタル土壌微生物接種による非土壌媒体の土壌化
○篠原 信1、吉田 賢啓2、岡田 若子3、宇佐美 晶子3、Sakuntala Saijai3、安藤 晃規3、宮本 憲二4、加藤 康夫5、小川 順3、高野 雅夫2
1農研機構、2名大院・環境、3京大院農・応用生命、4慶大・理工、5富山県立大・工、)

高濃度の亜硝酸を酸化しうる硝化菌の単離と諸性質の解析
○岡田 若子1、安藤 晃規1、宇佐美 晶子1、Sakuntala Saijai1、宮本 憲二2、加藤 康夫3、篠原 信4、小川 順1
1京大院農・応用生命、2慶大・理工、3富山県立大・工、4農研機構)

機能性低分子化合物のポリリジン化による生体膜透過性・水溶性の一挙改善
○武内 大和1、牛丸 和乗2、加藤 康夫3、丸山 千登勢1、濱野 吉十1
1福井県大・生物資源、2産総研、3富山県大・生工研セ)

CYP71Z6とCYP71Z7の詳細な酵素機能
○北岡 直樹1、Wu Yisheng2、Peters J. Reuben2
1富山県立大・工、2アイオワ州立大)

第70回日本生物工学会大会、関西大学、2018.9.5-7

チューリッポシド/チューリッパリン類の抗細菌活性の精査
○加藤 康夫、中川 恵蔵、近堂 菜月、北岡直樹、野村 泰治
(富山県大・生工研セ)

日本農芸化学会中部支部第183回例会、名古屋大学、2018.9.15

チューリッポシド変換酵素の基質認識におけるアルコール部位の影響
○二永 貴、野村 泰治、北岡 直樹、加藤 康夫
(富山県大・生工研セ)

機能性低分子のε-poly-L-lysine修飾による生体膜透過性・水溶性の一挙改善
○武内 大和1、牛丸 和乗2、加藤 康夫3、丸山 千登勢1、濱野 吉十1
1福井県大院・生物資源、2AIST、3富山県大・生工研セ)

植物化学調節学会第53回大会、北海道大学、2018.11.2-4

タケ培養細胞におけるジベレリン誘導性二次代謝産物の同定
○野村 泰治1、石田 さやか1、荻田 信二郎2、加藤 康夫1
1富山県立大・生工研セ、2県立広島大・生命科学)

The Final Joint Seminar of Core to Core Program (CCP) - Advanced research networks on establishment of an international research core for bio-research fields with microbes from tropical areas-, Yamaguchi, Japan, 2018.12.2-4

Isolation of green algal strains accumulating arachidonic acid-containing lipids from plant materials.
Yasuo Kato1, ○Taiji Nomura1, Naoki Kitaoka1, Wichien Yongmanitchai2, Duenrut Chonudomkul2
(1Biotechnol. Res. Center, Toyama Pref. Univ., Japan, 2Dept. Microbiol., Kasetsart Univ., Thailand)

2018年度 学会・シンポジウム等発表

2008年度

2016年度

2009年度

2010年度

Plant and Cell Engineering, since 2005



All Rights Reserved. Copyright (c) Plant and Cell Engineering, Toyama Prefectural University

2011年度

2017年度

2015年度

2007年度

過去の学会発表

2012年度

2013年度

2014年度