Plant and Cell Engineering, since 2005

All Rights Reserved. Copyright (c) Plant and Cell Engineering, Toyama Prefectural University

植物機能工学研究分野に興味のある方、研究室で新しい経験を積みたい方、大歓迎です。
進学を希望される方は、以下を参考の上、スタッフまでご一報ください。詳細をお知らせいたします。
また、見学希望者も随時募集しています。  

富山県立大学の位置建物見取図はこちら。 


入試情報は、大学HPに詳細がありますので、熟読してください。

【特に大学院進学を考える諸子へ・・・本講座の研究に必要な学問体系】

 本講座の研究のベースとなる分野は、有機化学、植物細胞工学、分子生物学、生化学、微生物学、生物情報学、分析化学です。これらを総合的に駆使することで、本講座独自の観点から植物機能利用を目指した研究を進めることができ、高い優位性があるものと考えています。当然これらの科目は、学部、大学院のカリキュラムでも力を入れて取り組んでいる学問体系です。

有機化学:植物の代謝産物はその九割以上が有機化合物であり、その機能を研究するためには、構造を理解しつつ、物質を手にとって研究することが重要です。場合によってはその物自身やアナログを化学合成してやらないといけません。そのためには有機化学に対する深い知識と興味があることが必要です。

植物細胞工学:言うまでもなく、今の時代これを無視して植物研究は進めませんし、植物特有の分化能などを顕微鏡等で観察する技術は本講座では必須の技術です。

分子生物学:植物の分子育種にはなくてはならない技術であり、最近はキットを用いて誰でも簡単に出来るようになった感覚がありますが、未だに植物への遺伝子導入は難しい技術の一つです。キットばかりに頼って研究していると、うまくいかなくなった時や改良して実験したい時に全く役に立ちませんので、出来る限り自分で試薬を作ってすることと、キットを使うにしてもその内容と理論を十分に理解して用いることが不可欠です。

生化学:植物に限りませんが、代謝反応は生物が計算され尽くした酵素反応により生体物質を効率的に変換することで成り立っています。生命現象を化学的に研究する生化学を深く理解し、植物代謝を「ブラックボックス」として逃げずに化学的に明確に説明するのも大事です。

微生物学:植物と微生物は全くの別の生き物であり、関連があるとは思われない感じがしますが、土に根を張って水、養分を吸収している植物において、土中や体内の微生物との関係は非常に大きいものです。ある説によると植物の根の半分ほどは微生物でできているとも言われていますので、この関係を無視しては植物の研究は出来ません。ついでに言えば分子生物学の実験は、大腸菌という微生物を使うことが前提となっています。

生物情報学:これも植物と情報という一見無関係なものに思えますが、遺伝子情報に関するデータベースの内容が日々更新されているという現状は、それだけ競争相手がいると言うことであって、自分の研究している遺伝子が新規の物なのかどうなのかを調べる仕事は、もはや毎日のルーチンワークにすらなっています。

分析化学:植物内の一次、二次代謝産物をきちんと定量して解析するスキルは100年前ならともかく、巷に分析機器があふれる今の時代では、必須のものです。HPLCやGLCなどの汎用分析機器のみでなく、マススペクトルやNMR、IRなどの有機物分析法も必須の技術です。

【本講座を希望する学生諸氏へ望むこと】

 植物機能工学講座では、スタッフ、学生一丸となって研究を進めていきたいと考えています。興味のある学生諸氏は、ぜひ門をたたいてください。