富山県立大学 生物工学科・生物工学専攻
講座紹介
HOME
生物工学科
生物工学専攻
教育理念
講座紹介
研究設備・成果
企業の方へ
カリキュラム
年間行事
募集案内
生物工学研究センター
富山県立大学

グリーンバイオをキーワードに「ものづくり」を目指すパイオニア集団
 富山県立大学生物工学科が目指すのは、グリーンバイオの教育研究拠点。日本が伝統的に強い技 術分野である、「微生物発酵技術」を核に、バイオプロセスの開発やバイオファインケミカルの生産をはじめ、バイオとITを融合さ せたバイオインフォマティクスの研究などを通して、地球に優しい循環型社会の実現を目指します。生物工学科は、次に紹介する7部 門で、活発でユニークな研究教育活動を展開しています。

グリーンバイオテクノロジーの教育研究拠点 応用生物情報学 機能性食品工学 生物有機化学 植物機能工学 微生物工学 応用生物プロセス学 酵素化学工学
酵素化学工学講座
 酵素等の生体触媒を新規に開発し、それらを環境負担のない工業的な有用物質合成に利用するための研究を行います。
浅野 泰久
教授

日比 慎
准教授

松井 大亮
助教
>>酵素化学工学講座のサイトへ
応用生物プロセス学講座
 微生物細胞や新開発の酵素を応用し、医農薬などを高効率で生産するバイオプロセス(生産工程)の研究をしています。最近の課題の一つは、優れた不斉酸化還元バイオ触媒を開発し、光学活性アルコールの実用的生産に応用することです。
伊藤 伸哉
教授

牧野 祥嗣
講師

戸田 弘
助教
>>応用生物プロセス学講座のサイトへ
微生物工学講座
 多様な自然環境に生息する微生物の二次代謝産物から抗生物質などの医薬や農薬として有用な物質を探索し、その構造や活性について研究 しています。医農薬の開発に役立つ新しい概念や技術を生み出すことが課題です。
五十嵐 康弘
教授

奥 直也
講師

春成円十朗
助教
>>微生物工学講座のサイトへ
生物有機化学講座
有機合成化学と計算化学を基盤とした生物活性物質の合成と設計に関する研究を行っています。天然に存在する重要な生物活性を有する分子(天然物)を研究対象として設定し、全合成と構造・配座活性相関による機能解析、合理的な分子設計により、有用物質の創製を目指します。また、木質バイオマスの成分分離法の開発や有用物質への変換を目指した研究も行っています。
占部 大介
教授

岸本 崇生
准教授
>>生物有機化学講座のサイトへ
機能性食品工学講座
 最新の遺伝子工学技術を駆使して食品中の機能性成分の生理作用メカニズムやヒト体内における代謝を解明することにより、健康の維持・増進に繋がる機能性食品の開発に役立つ研究をしています。
生城 真一
教授

鎌倉 昌樹
講師
>>機能性食品工学講座のサイトへ
植物機能工学講座
 植物を活用したバイオプロセスや環境修復技術などを研究しています。植物の代謝解析、組織培養、分子育種を融合させることにより、有用物質の蓄積や優良品種の作出といった高機能化の実現を目指しています。
加藤 康夫
教授

野村 泰治
准教授

北岡 直樹
助教
>>植物機能工学講座のサイトへ
応用生物情報学講座
 ゲノム進化機構の解明と、それに基づく有用物質の生産に適したゲノム設計への応用研究、望まれる構造と機能をもつ人工タンパク質の設計と合成の研究を行っています。
西田 洋巳
教授

大島 拓
准教授

高橋裕里香
助教
>>応用生物情報学講座のサイトへ
△このページの先頭へ
このサイトについて | お問い合わせ | サ イトマップ | ENGLISH