富山県立大学 生物工学科・生物工学専攻
企業の方へ
HOME
生物工学科
生物工学専攻
教育理念
講座紹介
研究設備・成果
企業の方へ
カリキュラム
年間行事
募集案内
生物工学研究センター
富山県立大学

相互理解に基づいた産学連携を目指して
 富山県立大学生物工学研究センターでは、民間企業の皆様からの依頼による共同研究、受託研究などを積極的に行っています。新しい技術の開発や新商品の開発などに積極的にご利用ください。

 共同研究等につきましては、まずは本学の地域連携センターにご相談ください。コーディネーターによる技術相談、企業に出向いての最新のバイオテクノロジーの解説などの「お出かけ研究室」の相談も受付けています。

富山県立大学地域連携センターのサイトへ
 また、富山県立大学生物工学研究センターの見学を希望される方も受け入れていますので、当センターへお問い合わせください。
共同研究例
チューリップ由来生理活性物質の開発と応用〈植物機能工学〉 茶筅生産業者との産学協同研究によるバイオ技術と伝統産業の融合〈植物機能工学〉
メルシャン(株)と食品、医薬分野での共同研究〈機能性食品〉 立山化成(株)とα-リポ酸の共同研究〈機能性食品〉
長瀬産業(株)と放線菌遺伝学に関する研究〈微生物工学〉 住友化学(株)との共同研究〈応用生物プロセス〉
(財)台湾食品工業発展研究所と放線菌遺伝子資源のライブラリー化に関する研究〈微生物工学〉 太陽化学(株)と油脂固化剤の作用メカニズム解明に関する共同研究〈生物有機化学〉
3−アシルカテキン誘導体の効率的合成と機能に関する研究〈生物有機化学〉 三井農林(株)と茶成分代謝物に関する研究〈生物有機化学〉
鎖状および環状ポリグリセリンとそのエステルの合成と機能性に関する研究〈生物有機化学〉
札幌イムノ・ダイアグノスティック・ラボラトリー(株)との共同研究で、我々が開発したフェニルアラニン脱水素酵素を用いて、新生児の先天性代謝異常症であるフェニルケトン尿症の診断キットが実用化されています。全国の新生児の血液の内、数割がこのキットで試験されています。〈酵素化学工学〉 味の素(株)と共同で、新反応によるイノシンのリン酸化酵素の開発研究を行った。変異型酵素を開発し、うまみ成分イノシン酸の選択的な収率良い酵素合成が可能になった。〈酵素化学工学〉
深層水(日本海固有水)を活用した商品開発〈微生物工学〉
△このページの先頭へ
このサイトについて | お問い合わせ | サイトマップ | ENGLISH